Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いすにまつわるエトセトラ」(ゼミ生の椅子にまつわるエピソード)

椅子といえば、実家にある一脚のロッキングチェアを思い出す。その椅子は祖父のもので、祖父は夜になると椅子に揺られながら読書をしていた。私は、幼い頃からその祖父の姿や椅子に、憧れに近い感情を抱きながらその姿を眺めていたことを覚えている。祖父は老い、だんだんとその椅子に座る回数が少なくなってきた。
先日実家に帰った際に、その椅子に座ってみた。椅子に揺られながら、私はまだこの椅子に座るには見合っていないのではないかと感じた。私はいつか、この椅子に見合う人間になれるのだろうか。そんなことを考えながら、なんとなくではあるが、椅子に励まされているような気がした。(A.B)
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)
信大人文芸術WSゼミ(美術系)です。学生の立案・運営で、美術に関わる企画を松本市内で展開しています。
主な企画展に、「名前の落としかた:梅田哲也、小栗沙弥子、小林耕平」(2011)、「ここも そこも どこかのここで:小林史子、前沢知子、水野勝規」(2012)、「アーケード:佐々木愛、文谷有佳里」(2013)、「大展会:渡辺英司、青田真也、小栗沙弥子、堀田直輝」(2014)、「下平千夏 光の記譜法」(2015)、「友政麻里子と二藤建人」(2016)など。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。