Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本経済新聞取材&看板作り

クラフトフェアが迫ってきました。
今日は当日使う物品作りです。暑いくらいの日差しの中、みんなで看板を作りました。


途中、松本経済新聞の山口さんが取材に来てくれました。企画の紹介や「すわりまわる」を通して私達が伝えていきたいことをお伝えしました。ありがとうございました。
1400333117950.jpg




さて看板作りです。
倉澤さんや去年経験した先輩のアドバイスを受けつつスタート。

1400333164938.jpg


まずは組み立てる形に板を並べて目印を書いていきます。
それをずれないように抑えつつネジで固定していきます。ネジが曲がると入らなくなってしまうのでやり直し。見ていると簡単そうなのにやってみると意外と大変(汗)

1400333196358.jpg


ペンキを塗って乾かして……

1400333354116.jpg


二枚ずつ蝶番で組み合わせていきます。が、実はこの順番、失敗……。

7.png

写真だと分からないと思いますが、私達、板の個性を尊重してまして一枚一枚微妙に長さが違うのです。そのため色々とズレが起こりまして、蝶番がつけにくいつけにくい(笑)
来年は蝶番を先につけようと、……去年も思ったそうです。
中に一枚本当にどうしようもない自由なやつがおりまして、これはバラして組み直しました。


色々ありましたが、完成!ウキウキと並べてみました。

1400333421250.jpg


1400333476065.jpg


うーん、壮観!
ここに写真などを貼ってこんな感じに置いておいても面白いですね。
色々活用方がありそうです。
明日も引き続き物品制作です。


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)
信大人文芸術WSゼミ(美術系)です。学生の立案・運営で、美術に関わる企画を松本市内で展開しています。
主な企画展に、「名前の落としかた:梅田哲也、小栗沙弥子、小林耕平」(2011)、「ここも そこも どこかのここで:小林史子、前沢知子、水野勝規」(2012)、「アーケード:佐々木愛、文谷有佳里」(2013)、「大展会:渡辺英司、青田真也、小栗沙弥子、堀田直輝」(2014)、「下平千夏 光の記譜法」(2015)、「友政麻里子と二藤建人」(2016)など。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。