Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工芸の五月。水をみてからすわってみる

5月5日、自主ゼミは学外へ。松本市美術館で「井戸端プリント」や「はぐくむ工芸」「奏でる工芸」「IMARI」を楽しませていただいて、池上邸へ。その途中で:
P5050394.jpg
水鏡に引き寄せられる面々。
そして池上邸。LPACKの「現在民藝館」へ。
P5050403.jpg
床下に足を伸ばして、くつろぎながら、のんびりとお話。
ゼミ生一同、つくりだされた場所の魅力に引き寄せられつつ、夜まで気持ちよく過ごさせていただきました。

この日、経験したこと見聞きしたことが、自然に「すわりまわる」に活かせるとよいな、と思います。
「工芸の五月」もそろそろ中盤です。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)
信大人文芸術WSゼミ(美術系)です。学生の立案・運営で、美術に関わる企画を松本市内で展開しています。
主な企画展に、「名前の落としかた:梅田哲也、小栗沙弥子、小林耕平」(2011)、「ここも そこも どこかのここで:小林史子、前沢知子、水野勝規」(2012)、「アーケード:佐々木愛、文谷有佳里」(2013)、「大展会:渡辺英司、青田真也、小栗沙弥子、堀田直輝」(2014)、「下平千夏 光の記譜法」(2015)、「友政麻里子と二藤建人」(2016)など。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。