Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本ネタ集め1―マルセ薬店―

今回の展覧会で、佐々木愛さんに松本で作品を作っていただくにあたって、
佐々木さんにもっと松本について知っていただくために、
ただいまゼミ生内では、松本に関する書籍や情報誌など、”松本ネタ”を集めています。

そこで先日、10月19日、
ゼミ生は展示会場の開運堂さんにほど近い、本町のマルセ薬店さんを訪ねました。
開運堂さんにお店の歴史をお尋ねしたところ、こちらの店主さんが
よく知っていらっしゃるのではないかと紹介していただいたためです。

マルセ薬店さんは、昭和9年から3代続くまちの薬屋さんで、
現在の店主さんも、松本に長く暮らし、まちの変化を目にしてきました。
また、ご近所である開運堂さんとの付き合いも長く、子供のころから現在まで通い続けているそうです。

マルセ薬店2

松本で起きた二度の大きな火事や、開運堂さんにチョコレートを買いに行った思い出、
昔の本町の町並み、今ではなくなってしまったお店のことなど、様々なお話をお聞きしました。

マルセ薬店1

私たちとは違う時代の松本を生きてきたた店主さんの、
松本のことをを隅々まで知っているのではないかと思わせる知識量に、
私たちはただただ、圧倒されてしましました。
さらに松本の風習や文化などについて詳しく書かれた本もお借りすることができ、
たくさんの収穫を得ることができました!

マルセ薬店さんありがとうございました。

今後は同じ本町の食器屋さん、知新堂さんにお伺いする予定です。


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)
信大人文芸術WSゼミ(美術系)です。学生の立案・運営で、美術に関わる企画を松本市内で展開しています。
主な企画展に、「名前の落としかた:梅田哲也、小栗沙弥子、小林耕平」(2011)、「ここも そこも どこかのここで:小林史子、前沢知子、水野勝規」(2012)、「アーケード:佐々木愛、文谷有佳里」(2013)、「大展会:渡辺英司、青田真也、小栗沙弥子、堀田直輝」(2014)、「下平千夏 光の記譜法」(2015)、「友政麻里子と二藤建人」(2016)など。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。