Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州大展会2014~探求の庭~、11月15日WS

11月15日土曜日、信州大展会2014~探求の庭~に関わり、渡辺英司さんによるワークショップ、「新聞てるてる坊主/Today's Face」が行われました。
てるてる坊主にされた新聞の顔写真は、平面で見るときとは違った印象を与えます。
完成したものは屋外の木へ吊るしました。通りがかった方は異様な風景に驚いていました。
s_IMG_4026.jpg


3時からは「探庭アート会議」を開催しました。
s_IMG_4040.jpg

第一部では、渡辺英司さん、金井直先生をパネリストに、大展会を通じて学生が考えたことについてお答えいただきました。第二部では、田中一平さん、杉原信幸さん、石田大祐さんをパネリストに、場所とアートの関係についてのお話でした。
私達のような芸術を専門に学んでいない学生が作品を作る意義など、アートについて改めて考えなおす良い機会になりました。
ワークショップやアート会議にご参加下さった方は本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)
信大人文芸術WSゼミ(美術系)です。学生の立案・運営で、美術に関わる企画を松本市内で展開しています。
主な企画展に、「名前の落としかた:梅田哲也、小栗沙弥子、小林耕平」(2011)、「ここも そこも どこかのここで:小林史子、前沢知子、水野勝規」(2012)、「アーケード:佐々木愛、文谷有佳里」(2013)、「大展会:渡辺英司、青田真也、小栗沙弥子、堀田直輝」(2014)、「下平千夏 光の記譜法」(2015)、「友政麻里子と二藤建人」(2016)など。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。