Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺英司さんワークショップ

10/17のゼミでは渡辺さんをお招きして、溶かし絵のワークショップを行いました。
溶かし絵というのはシンナーをつかい、チラシや雑誌のインクを溶かして作品にするというものです。
広報の甲斐あって他の専攻の方も来て下さり、いつもより賑やかなゼミとなりました。

IMG_6821.jpg

筆の動きを変えれば雰囲気も変わる。
溶かすだけでも個性が出て、面白い作品たちが出来上がりました。

IMG_6881.jpg

IMG_6900.jpg

IMG_6903.jpg



311番教室には現在も作品が並んでおり、楽しい教室となっています。

IMG_6941.jpg


ゼミの後は茶話会を行い、渡辺さんの意見も伺いながらタイトルについて話し合いました。
そして、「信州大展会2014~探求の庭~」に決まりました。

作家さんだけではなくゼミ生も作品を出すことになっており、それぞれ企画を詰めている最中です。
大学を舞台とした今回の展覧会。どう展開していくのかご期待下さい!



スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)
信大人文芸術WSゼミ(美術系)です。学生の立案・運営で、美術に関わる企画を松本市内で展開しています。
主な企画展に、「名前の落としかた:梅田哲也、小栗沙弥子、小林耕平」(2011)、「ここも そこも どこかのここで:小林史子、前沢知子、水野勝規」(2012)、「アーケード:佐々木愛、文谷有佳里」(2013)、「大展会:渡辺英司、青田真也、小栗沙弥子、堀田直輝」(2014)、「下平千夏 光の記譜法」(2015)、「友政麻里子と二藤建人」(2016)など。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。