Entries

スポンサーサイト

「信州大展会2014~探求の庭~」作家紹介総まとめ

11月24日18時をもちまして、「信州大展会2014~探求の庭~」は終了しました。ご来場、協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。最後に、本展にお招きした作家さんの紹介をしたいと思います。まず、本展のメイン作家である渡辺英司さんです。渡辺さんの作品は、私たち鑑賞者に「もの」の再認識を生み出します。ものを見るとき、図鑑やパッケージなどで見るときと、本物を見るとき、全く違うものに見えることがままあ...

関連企画「洋服図鑑」開催しました!

11月16日パルコの3Fにて、大展会関連企画「洋服図鑑」を開催しました。こちらはゼミ生や街の皆さんに協力して頂いて集めた古着を切り抜き、額縁に入れたコラージュ作品を作るワークショップ企画です。子ども連れのご家族や高校生など様々の層の方においでいただけました。普段なかなか出来ない洋服を着る体験に「楽しい!」の声があがります。レベルの高い作品が次々生まれ、大展会もさらに盛り上がりを見せました。足を運んでいた...

展示会場紹介

赤煉瓦倉庫では、4人の学生作品を見ることができます。残念ながら中に入ることはできませんが、ドアや窓から覗き込んで鑑賞して頂けます。有形文化財である赤煉瓦と作品の兼ね合いをお楽しみ下さい。また、建物の正面にはカラフルなキノコがあり、皆様をお出迎えしてくれます。自然科学館には渡辺さんの作品が大きく展示されています。階段や2階、更には屋上まで作品が展示されているので、この機会にぜひ足をお運び下さい。図書館...

「信州大展会2014〜探求の庭〜」作家紹介vol.3 堀田直輝

お待たせいたしました!今回は「信州大展会2014〜探求の庭〜」のゲスト作家、堀田直輝さんをご紹介します!!いつも何気なく歩く道の端…に「あれ、キノコ?」まわりをよく見るとごぼうや大根が生えている…!!?実はこれ、掘田さんの作品なのです。堀田さんは、スーパーで売っている野菜やキノコを、ときにひっそりと、ときに大胆に、様々な場所に設置していきます。今回出品されている作品のタイトルは、「Vegetables return to wildne...

信州大展会2014~探求の庭~、11月15日WS

11月15日土曜日、信州大展会2014~探求の庭~に関わり、渡辺英司さんによるワークショップ、「新聞てるてる坊主/Today's Face」が行われました。てるてる坊主にされた新聞の顔写真は、平面で見るときとは違った印象を与えます。完成したものは屋外の木へ吊るしました。通りがかった方は異様な風景に驚いていました。3時からは「探庭アート会議」を開催しました。第一部では、渡辺英司さん、金井直先生をパネリストに、大展会を通じ...

「信州大展会2014 探求の庭」作家紹介vol.2 青田真也

今回「信州大展会2014~探求の庭~」でお招きしているゲスト作家、青田真也さんについてご紹介いたします。青田さんは去年の5月に松本市内で開催した私たちの企画「すわりまわる」のゲストとしてお招きし、ワークショップをしていただいた作家さんです。今回満を持して、展示をお願いすることとなりました。青田さんは、日常で目にする色々な物の表面をヤスリでひたすら削ります。削ることで物の表層が消え、さまざまな情報の陰に...

ご掲載いただきました(松本平タウン情報 11月15日)

...

信州大展会2014~探求の庭~、始まりました!

既に昨日のことになってしまいましたが、信州大展会2014~探求の庭~、始まりました!開催にあたり、探庭アートツアーと称して信州大学内の作品を鑑賞して回りました。渡辺英司さん、青田真也さん、小栗沙弥子さん、堀田直輝さんら今回お招きした作家さん方にもご一緒していただきました。学内にちりばめられた作品は、さながら宝探しのようです。その後の講評会、レセプションパーティも、大変充実したものになりました。芸術コミ...

「Little Vehicle  〜小さな乗り物 2014」オープン

「信州大展会 探求の庭」の展覧会内展覧会、「Little Vehicle」開催中です。渡辺英司さんの企画・セレクトによるアーティストブックの展観。信州大学中央図書館内で、表情豊かな本の数々=小さな乗り物に触れていただけます。「大展会」来場のみなさんははもちろん、図書館で勉強をしている学生さんにもご覧いただければと思います。...

ご掲載いただきました(信濃毎日11月13日朝刊)

...

自然科学館清掃、ホワイトキューブ作成

先日、自然科学館の清掃を行いました。ほこりを被っていたガラスケースや床が綺麗になり、皆様を迎えるに相応しい場となりました。剥製や骨、化石で賑わうこの場所に作品が置かれることになります。自然科学館は学生でも知らない人や訪れたことがない人も多い場所ですのでこの機会に是非足を運んで頂きたい場所です。そして、本日…ホワイトキューブが完成致しました!突如人文広場に現れたホワイトキューブ。通行人の皆さんは不思...

ワークショップのお知らせ

以前告知致しました14日(金)の「探庭アートツアー」、15日(土)の「渡辺英司ワークショップ」「探庭アート会議」 に続いて、16日(日)に行われるワークショップについてお知らせです。ワークショップ 「洋服図鑑」11月16日(日) 10:00~12:00/13:00~15:00場所:PARCO松本店洋服のモチーフを切り抜き、額縁の中にコラージュしていくワークショップ。普段は私たちを装飾する、脇役であるモチーフが、洋服の中から逃げ出し額縁の...

11月8日(土)、ゼミ生有志で「信州大展会2014 探求の庭」の展示会場のひとつになっている赤煉瓦倉庫の窓拭きと、周辺の落ち葉拾いをしました。砂埃で覆われていた窓は雑巾と新聞紙で磨き上げたところ、中がよく見えるようになりました。落ち葉と銀杏で覆われていた地面も掃き掃除をしましたので、鑑賞者の方が銀杏を踏まずに済みそうです。また、西側入り口の足場の悪かったところは、草を抜き、石で囲み通路をつくりました。今後...

ポスター、フライヤー、DM完成しました!

11月4日、信州大学にて行われる「信州大展会2014 探求の庭」のポスター、フライヤー、DM等完成しました。渡辺英司さんの、蝶が美しい『名称の庭』がデザインされています。裏面には、関連企画や作家さんの情報などが盛り込まれています。松本市内の様々なお店に置かせて頂いていますので、お見かけした際は是非手に取ってください。...

「信州大展会2014 探求の庭」作家紹介vol.1 小栗沙弥子

11月14日から始まる「信州大展会2014 探求の庭」では渡辺英司さんの他に小栗沙弥子さん、青田真也さん、堀田直輝さんをゲスト作家としてお招きします。今回は小栗沙弥子さんについてご紹介いたします!輪ゴム、ティッシュ箱、トイレットペーパーの芯、針金、などなど。小栗さんの作品に使われる素材は私たちの身の回りにあるものばかり。それらは、一時使われて捨てられてしまいます。儚い、と呼べるほどのロマンチックさもなく、...

信州大展会2014〜探求の庭〜

このたび信州大学人文学部芸術コミュニケーション分野では、信州大学松本キャンパス内に美術作品を展示し、みなさまにご覧いただく展覧会「信州大展会2014~探求の庭~」を開催いたします。「これは本ではないーブック・アートのひろがり」うらわ美術館、2010年 より展覧会の中心となるのは、固定観念のくびきをユーモアで軽やかに飛び越える美術作家・渡辺英司。渡辺は、世間の常識にもアートの常識にもとらわれず、時に微笑まし...

Appendix

プロフィール

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)
信大人文芸術WSゼミ(美術系)です。学生の立案・運営で、美術に関わる企画を松本市内で展開しています。
主な企画展に、「名前の落としかた:梅田哲也、小栗沙弥子、小林耕平」(2011)、「ここも そこも どこかのここで:小林史子、前沢知子、水野勝規」(2012)、「アーケード:佐々木愛、文谷有佳里」(2013)、「大展会:渡辺英司、青田真也、小栗沙弥子、堀田直輝」(2014)、「下平千夏 光の記譜法」(2015)、「友政麻里子と二藤建人」(2016)など。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。