Entries

スポンサーサイト

公開トーク 「美術館を楽しむ、そして、まちをみつめる」3月8日開催

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で数々の展覧会を手がけ、現在は金沢21世紀美術館で活躍中のキュレーター、中田耕市さんをお迎えし、現代美術を専門とする美術館の魅力や、地域との関わりについてお話いただきます。講師:中田耕市(金沢21世紀美術館キュレーター)日時:2014年3月8日(土)15:00-17:00会場:信州大学人文学部人文ホール(人文学部棟1階)http://www.shinshu-u.ac.jp/guidance/maps/map05.html※お車の場合は、大学北...

下平さん作品搬入のお手伝い

毎週末積雪がありますね。雪が積もる前の2月5日、現代美術作家の下平千夏さんが出展する3人展、「next 信州新世代のアーティスト展 2013」の搬入のお手伝いにゼミ生有志のメンバーで行ってまいりました。というのも、1月に信大へ下平さんをお招きした際、展覧会の搬入では作品に直接触れることが出来るというお話をお聞きしたのです。また松本から近い場所での展覧会がこれから始まるということもあり、アーティストトークで見...

下平千夏さんアーティストトーク

去る1月24日、現代美術作家の下平千夏さんをお迎えして今年初めての「芸コミトークイン」が行われました。下平千夏さんは長野県出身。元々建築学科で学ばれ、のちに輪ゴムや木、鈴、ボンドなど、身近な素材を使い作品を制作されるようになったそうです。ゼミ前半のトークでは、ご自身の学生時代のことから最新の作品まで幅広いお話を伺いました。下平さんは「実像と虚像の境界」、「表面性」、「境界の移動」、「音や力の可視化...

Appendix

プロフィール

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)
信大人文芸術WSゼミ(美術系)です。学生の立案・運営で、美術に関わる企画を松本市内で展開しています。
主な企画展に、「名前の落としかた:梅田哲也、小栗沙弥子、小林耕平」(2011)、「ここも そこも どこかのここで:小林史子、前沢知子、水野勝規」(2012)、「アーケード:佐々木愛、文谷有佳里」(2013)、「大展会:渡辺英司、青田真也、小栗沙弥子、堀田直輝」(2014)、「下平千夏 光の記譜法」(2015)、「友政麻里子と二藤建人」(2016)など。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。