Entries

スポンサーサイト

秋のゼミ企画

今年も優れた作家さんを松本にお招きして展覧会を開催します。短い会期ですが、ぜひご来場ください。詳細はこのブログおよびFACEBOOK上で適宜お知らせ致します。https://www.facebook.com/goldwellseminar/信州大学人文学部芸術コミュニケーション分野企画展友政麻理子・二藤建人二藤建人《誰かの重さを踏みしめる》2016会期:2016年11月19日(土)〜11月27日(日)会場:信州大学松本キャンパス赤レンガ倉庫(長野県松本市旭3-1-1...

公開ゼミ「信州のコンテンポラリーアート〜いま確認したいこと」

公開ゼミ「信州のコンテンポラリーアート〜いま確認したいこと」12月18日14時40分〜 信州大学人文学部新棟(人文経済共同棟)3F 311号室アーティストであり、「信濃の国 原始感覚美術祭」を主催する杉原信幸さんを迎えての公開ゼミ。長野県内の芸術祭やアーティスト・イン・レジデンスの動向について、情報と意見の交換をおこないます。学外のみなさんの参加も大歓迎です。...

公開トーク 「美術館を楽しむ、そして、まちをみつめる」3月8日開催

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で数々の展覧会を手がけ、現在は金沢21世紀美術館で活躍中のキュレーター、中田耕市さんをお迎えし、現代美術を専門とする美術館の魅力や、地域との関わりについてお話いただきます。講師:中田耕市(金沢21世紀美術館キュレーター)日時:2014年3月8日(土)15:00-17:00会場:信州大学人文学部人文ホール(人文学部棟1階)http://www.shinshu-u.ac.jp/guidance/maps/map05.html※お車の場合は、大学北...

アーティストトークのお知らせ

寒さが一段と厳しくなり、冬の訪れをひしひしと感じるようになりました。展覧会が終わって早くも3週間が経とうとしています。しかし、展覧会が終わってもゼミの活動は終わりません。来たる12月13日金曜日、毎回アートをめぐる様々な対話をお届けしている「芸コミトークイン」が行われます。今回は、破壊という偶発的・一回的な行為を用いて制作されたオブジェによって、物質性、更には私たちのものの見方へと問いを投げかける...

アーケード ―かたち・リズム・交差―(11/17更新)

アーケード ―かたち・リズム・交差―  佐々木愛 文谷有佳里 Arcades 2013 Ai Sasaki, Yukari Bunya 松本の街へ、二人の現代美術作家の作品が広がります。それぞれの線・色・かたちが、街の息づかいやリズムとともに、新しい風景を描きだします。街と作品が織りなすいくつもの表情が、やわらかく、澄みやかに交差していきます。 かつて松本の街にもあったアーケードには、多くの人々が行き交い、街歩きを楽しんでいました。作品...

Appendix

プロフィール

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)

信州大学人文学部芸術ワークショップゼミ(美術系)
信大人文芸術WSゼミ(美術系)です。学生の立案・運営で、美術に関わる企画を松本市内で展開しています。
主な企画展に、「名前の落としかた:梅田哲也、小栗沙弥子、小林耕平」(2011)、「ここも そこも どこかのここで:小林史子、前沢知子、水野勝規」(2012)、「アーケード:佐々木愛、文谷有佳里」(2013)、「大展会:渡辺英司、青田真也、小栗沙弥子、堀田直輝」(2014)、「下平千夏 光の記譜法」(2015)、「友政麻里子と二藤建人」(2016)など。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。